FC2ブログ

団塊世代の山旅人

あまり人の行かないような薮山に魅せられ、沢をよじ登り薮を漕ぎ、iPhoneと地形図とコンパスを頼りに、誰一人訪れることも無い頂を目指す、そんな山旅を楽しんでいます。

因幡の薮山 くらます

平日を利用して近くの山を登りに行きました。
今回は、因幡の東山に続き、八東川の支流、加地川吉川川に挟まれた、くらます1282.1mです。
国道29号線の岩屋堂から南への林道を走ると右手岩壁に岩屋堂と呼ばれている投げ入れ堂があります。三徳山の投げ入れ堂も有名ですが、こちらは林道からすぐの所にあり一見の価値ありです。
短いがゴルジュの発達した沢で有名な皆込谷もこの川の支流です。
上流には吉川と云う村があり、その少し上で川の名前が江並谷川と変わります。沖の山林道が大きくカーブする所に左へ林道があり、これを車で終点まで遡るとそこが登山口です。
登山口から地形図に有る杣道が上へ続いていますが、今回はその右の尾根を登路に選びます。
この尾根は、1150m付近で稜線に繋がっていいます。杉の植林帯を急登し、自然林に替わると稜線に到達。ルートには下草も少なく全く薮漕ぎはありません、獣道を利用すれば短時間で登れます。
稜線は笹藪となるが尾根を忠実に辿れば、僅かな踏み跡と古いテープも残っていて思っていたよりは楽に歩けました。
頂上が近づくにつれ、露岩が点在する。地元では、天狗岩とも呼ばれている山だそうです。
生憎とガスのため展望はあまり得られなかったが、時折ガスの合間から東山や三室山が見えました。
mimuroyama

頂上は測量のためか三角点付近は切り払われ、南東方面の見晴らしは晴れていれば素晴らしはずだが、本日はやむなし。
くらます

下山も忠実に尾根を降ったが、1200m付近で少し右に依ったため、登りに使った尾根とは別の尾根を降ってしまい、1000m付近から南へトラバースして元の尾根に戻り下山した。
秋の南アルプス光岳聖岳縦走の足慣らしとしては、少し物足りなかったが、簡単に登れる薮山としては丁度良い訓練にはなりました。
同行の皆さんお付き合いいただき有り難う御座いました。


スポンサーサイト



  1. 2010/09/17(金) 10:53:51|
  2. 登山
  3. | コメント:2

プロフィール

薮山雲水

Author:薮山雲水
薮山雲水のFC2ブログへようこそ!

還暦も遠の昔に過ぎ去り、体力の衰えに無駄な抵抗を試みながら、それにも懲りずに山へ登っています。
いつまでアルパインを続けて行けるか分かりませんが、これからもどうぞ宜しくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
登山 (24)
パソコン (0)
小さな旅 (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR