FC2ブログ

団塊世代の山旅人

あまり人の行かないような薮山に魅せられ、沢をよじ登り薮を漕ぎ、iPhoneと地形図とコンパスを頼りに、誰一人訪れることも無い頂を目指す、そんな山旅を楽しんでいます。

日笠山連山の野路菊

神戸新聞の記事に「野路菊が見事」と出ていたのを思い出し、山陽電車曽根駅から歩いて登りました。曽根からの登山口が分からず大塩ハイキングコースを見つけ登り始めた。
少し登れは瀬戸内の展望が開け気持ちが良い。

日笠山三角点を過ぎ、暫く登れば夫婦岩に到着、辺り一面に咲いていて見事です。

戦後塩田廃止や野山の荒廃により大群落は寂しくなっていましたが、地元住民の努力で蘇っていました。
南向きの斜面いっぱいに咲いた清楚な野路菊の花の香りが漂い、暖かな日差しを浴びて、幸せな気分になりました。
スポンサーサイト



  1. 2013/11/21(木) 15:30:24|
  2. 小さな旅
  3. | コメント:0

誕生祝いの前倒し

 65歳の誕生日を月末に迎えるのだが、孫の急病で夜中に病院へ行ったので、妻は急遽仕事を休むことになった。滅多にない平日の休みなので、以前から行きたいと思っていた妻お気に入りのイタリアンレストランオリーブ・キッチン」という店に行くことになった、これが中々の人気で予約しないと入れないらしい。
 開店前に行くともう既に行列、予約ナシでは?と思ったが、何とか入店出来た。
 周りを見渡しても男の客は誰一人いない。私以外で男性と言えば、子供が一人だけ。
 残りは全て女性・女性・女性!という店です。
gaikan
  写真 <オリーブ・キッチン 西明石店 明石市鳥羽1749-2 050-5841-3373>
     「ホットペッパー」「たべログ」「グルナビ」などで検索すれば、すぐ見つかります。

 インターネットで見たと言えば、デザートがサービスに付いてくるので、二人別々にiPhoneでクーポン画面を開き店員さんに見せると、「ランチタイムドルチェ3種盛り」が最後に出てきます。
dezart
  写真 <ランチタイムドルチェ3種盛り サービスです。>

 前菜と飲み物はバイキング形式、メインディッシュは、ピッツァかパスタなどから選びます。
 色々種類も豊富で、味も雰囲気もナカナカでした。店内は満席になると意外と狭く感じられますが、サービスは行き届いてました。こんな所が女性達に評価されているのかな。
zensai
  写真 <前菜>
main
  写真 <メインディッシュ>

 値段もお手頃で、南欧風のしゃれた店内、外観もオシャレで駐車スペースも満席時には埋まってしまいそうで、早めに行かないと車内で待たされそうですね。
 少し早めの誕生祝い、時々は二人で出かけるのもいいですね。
 本日は奥様に感謝感謝!


 

  1. 2013/01/22(火) 16:32:15|
  2. 小さな旅
  3. | コメント:0

日生のかきおこ

結婚記念日が近いので、家内と二人でB級グルメを食べに日生まで出かけました。
折から牡蠣のシーズン、五味の市広場は車でイッパイ、何とか空きを見つけて無事駐車。
歩いて割合近くでしかも美味しいと地元の漁業組合で教えてもらった「あらた」と言うお好み焼き屋さんです。


既に三組待って居ましたが、半時間程で席に着けました。

賑やかな三姉妹が切り盛りする楽しいお店でした。

帰る頃には、国道は大渋滞になって、狭い道路に車が溢れ、停めるのも大変。早く来て本当に良かった。
帰る途中の赤穂に在るピザの美味しい店を探して行ってみましたが、此方は完全予約制。残念ながら二週間先でないと空きは無いそうです。
赤穂岬の突端に在り、展望も素晴らしく、夕陽を観ながら食事が出来るそうです。テレビでも紹介されて一躍有名になったようです。仕方がないので、店の前で写真だけ撮り帰って来ました。
名前は、さくらぐみといいます。


今度は是非予約して出掛けましょう。
  1. 2012/02/11(土) 16:31:53|
  2. 小さな旅
  3. | コメント:0

蔵開き

 地元稲美町の作り酒屋「井澤酒造本家」の新酒発表会を兼ねた蔵開きに参加した。
酒蔵の入り口
この企画は、地元稲美町と流通科学大学の共同企画によるもので、地元の特産物を産学協同で広めるため、流科大の小久保 ゼミの協力により、蔵元も初めての蔵開きとなったようです。
 井澤酒造といえば、この近隣では「倭小槌」の名前で広く知られています。
 公共の交通機関から遠く離れているので、車で行くことが出来ない事がネックとなりますが、この日ばかりはJR土山駅から送迎バスをチャーターして、百名程の規模で行われました。
 純米吟醸酒「蔵開き」と、純米酒のひやおろし。つまみと弁当込みで一人2500円。割合リーズナブルでした。
 肝心のお酒ですが、生純米吟醸蔵開きは大変美味しいさけです。
 二時間半ほどでしたが、十分満足の行く内容でした。
山の仲間の送迎もあり、有意義な一日でした。
  1. 2011/11/19(土) 12:27:45|
  2. 小さな旅
  3. | コメント:0

プロフィール

薮山雲水

Author:薮山雲水
薮山雲水のFC2ブログへようこそ!

還暦も遠の昔に過ぎ去り、体力の衰えに無駄な抵抗を試みながら、それにも懲りずに山へ登っています。
いつまでアルパインを続けて行けるか分かりませんが、これからもどうぞ宜しくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
登山 (24)
パソコン (0)
小さな旅 (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR