FC2ブログ

団塊世代の山旅人

あまり人の行かないような薮山に魅せられ、沢をよじ登り薮を漕ぎ、iPhoneと地形図とコンパスを頼りに、誰一人訪れることも無い頂を目指す、そんな山旅を楽しんでいます。

来見野川右又ヌイコ谷沢登り

何時も週末が雨で、なかなか沢へ行けない事が多かったが、やっと晴れて若桜の銘渓「来見野川」へ行ってきました。
 私にとっては、扇ノ山山域の沢でまだ一度も足を踏み入れたことがない「来見野川」。
二年前に一度計画したが悪天候で断念、私にとっては是非とも登ってみたい沢でもある。
 昨年度この流域の沢を何度も登られたアリさんのFaceBookの投稿を見ていたので、無理を承知でお願いしやっと実現した沢登りである。
 神戸FACの例会山行として募集してもらったが私以外誰も応募が無い。アリさんと昨年一緒に沢登りをされた若者一人を引き込み、3名での実施かと思いきや、飛騨地方の天気が悪く錫杖岳登攀が中止になり急遽会長とタケさんの参加を得ることが出来た。秋の薬師沢山行の足慣らしにとオカさんも加わり総勢6名、久しぶりの本格的な沢登りを楽しむことが出来た。
 扇の山一帯は、火山の噴火により形成された広大な溶岩台地で、豪雪地帯の影響で谷は深く浸食され、霧が滝に代表される様に切り立った岩壁に架かる滝は登れる代物ではなく、巻き上がろうにも屏風のように立ちはだかる岩壁は相当な登攀技術が必要とされる。
 尚更悪いことに、入渓中に雨や夕立に遭遇でもしたら急な増水に逃げ場を失う恐れもあり気象の変化には特に注意を要する所です。
 今回の沢登りは、沢登りの案内に紹介されている来見野川左又に架かる大鹿滝(おおがたき)へのコースではなく、大鹿滝の少し下流の右又谷の右又(ヌイコ谷)を遡行する。
 出発点の大鹿滝・雲龍滝の観瀑道の入り口にある駐車場に駐車、地元が整備した看板の脇から綺麗な遊歩道(山毛欅などの広葉樹の斜面)を降るとすんなりと大鹿滝(落差22m)に着きます。
 ハングした落ち口から滝壺へ一気に落下する迫力満点の見事な滝です。
IMGP7131s.jpg
      写真 迫力満点の「大鹿滝」

 沢を渡り対岸の遊歩道を少し降ると出合の二俣の上に出る。
 遊歩道は更に右又に沿って続いている様ですが、我々はこの下の出合まで懸垂下降です。
 50mザイル一杯で着地。この出合の滝(25m)も水量が多く豪快に落下しています。
20140902_072717000_iOS.jpg
      写真 出合の滝へ懸垂で

 ここの巻き道は右又滝の少し右の壁を登り、バンド状から落口へトラバースで抜けます。
 右又谷は、滝と滝の間は平流で楽しい河原歩きでした。暫く歩くと行く手に現れたのが案内板にも記載されている「雲龍の滝(25m)」で、ここまでは遊歩道が有るはずでしたが沢の中を歩いたので確認出来ませんでした。
 しばし休憩して、滝を巻きます。左岸の斜面を岩壁に沿って登っていくと落ち口へ続く尾根を越え上流へ。
 そして次の滝まで歩きます。右の岩壁に沿って沢は流れ、その先に大きな滝が豪快に水しぶきを上げています。
正面まで行きましたが下部の壁は全てハングして滝には取り付けない。
 少し手前の岩壁に一本のリングボルトが打ってあり、これが巻き道の取り付きです。3m程がハングしています。
15m程壁を登りその上の斜面を越えないとここで敗退ですが、今回は沢の超ベテランが揃っているFACなのでスンナリ越えて行きますが、私にとっては難関のハングした壁をはたして越えられるのか心配です。
IMGP7145s.jpg
     写真 取り付きのハングした岩壁を登ります。

 計画書の中にアブミとアッセンダー必携と書いてあったのだが、タイブロックでは難しそうです。さすがにここは、出発前に会長からお借りしたユマールを使わないと登れない様です。
 ザックを吊り上げて空荷で登らせてとお願いしたが敢えなく却下、登らざるを得ない状況です。
 体重の重たい私を引き上げるのは滑車でも無い限り無理だそうで、覚悟を決めて登り始める。
 タイブロックは自分が登れないと役目を果たさないが、ユマールは腕の長さだけ確実に上がれるしザイルに優しいのだ。 腕力任せでお尻を支えてもらったりしながらハングを越えれば足場を選んで何時も通りに登っていけた。
 今回の沢ではここが核心部だった様で、アリさん、会長、いつもながら感謝感謝です。

 この上は兵庫県の沢にしては珍しく岩盤の上を流れるナメの綺麗な沢です。
 斜滝のシャワーも楽しそう、石割の滝も最後の岩壷の滝も楽しく登らせて頂きました。
IMGP7154s.jpg
     写真 ナメの綺麗な斜瀑を登る

 岩壷の滝(5m)×2段の滝は低いながらもシビヤなクライミングが必要でしたが、会長にお助けを出してもらい楽賃でした。
 このままズーと沢を詰めるのかと思っていましたら、CLから「この先は平流で荒れているので、尾根に上がって帰りましょう」と言うことで、やっと薮山雲水の出番です。
 本格的な薮漕ぎの期待を裏切る尾根歩きで、途中から廃林道を利用してスンナリと自然歩道に合流、少し夕立に見舞われたが無事車まで帰還出来ました。
大鹿滝
     写真 大鹿滝上流を自然歩道が橋で渡っています。

 最後にタケさんちのスイカを頂き大満足で、充実した沢登りは無事終了しました。
 CLのアリさん、素晴らしい沢登りありがとう。気は進ま無いでしょうが機会が有れば又お願いします。
 今回初めて同行してくれました息子の様なミタニさん、真っ新のザイルありがとう。これに懲りずに参加してくださいね。
スポンサーサイト



  1. 2014/09/02(火) 18:18:55|
  2. 登山
  3. | コメント:0

六甲山系にしか生育しない、「アリマウマノスズクサ」を見に

 牧野富太郎博士が発見した「アリマウマノスズクサ」をこの目で見てみたいと思って水無川を遡り、水無滝の少し下流の水無峠への植林された斜面を登りながら探しました。

葉

      写真:特徴のある葉です。

 特徴のある葉はすぐ判りましたが、なかなか花を見つけることが出来ませんでした。
 諦めずに探しながら登っていくと葉の裏にひっそりと2cmくらいの特徴のある花を見つける事が出来、つい大声を出してしまう位感激しました。

花

      写真:食虫植物の様な珍しい花です。

 この花は、上からでは葉に隠れ見つけ難く、蔓を持ち上げて探さないと見つけることは難しい花です。同行して頂いた仲間も初めて見る花だそうで喜んで頂けた様です。時期と生育場所さえ理解できれば探すことも簡単、又来年も見てみたいですね。

花2

    写真:2cmほどの花です。

 逢ヶ山から東山橋へ降る斜面にも咲いていました。
 下山後、木金土しかOPENしない古民家喫茶「スローライフ」にも立ち寄り「オーガニックコーヒー」を頂きました。
 こんな近くで珍しい花に出会えた事に感謝。
  1. 2014/06/22(日) 11:26:19|
  2. 登山
  3. | コメント:0

大峰に満開のクサタチバナを見に

越前の赤兎山~杉峠を計画していましたが北部の天候が悪いので、南部の大峰山系「行者還岳」にしか咲いていないと云う「クサタチバナ」の群落を見に行ってきました。12日夜出発して天川河合の虻峠で仮眠。翌朝13日行者還トンネル東口に移動。上北山村天瀬からの尾根道を利用して「一の乢」まで登り奥駈道を北へ辿り行者還岳を目指しました。

  クサタチバナの花

クサタチバナ

P1458とP1486の間の石灰岩が露頭している尾根上に群生していました。

ここにも群生

この時期限定のため、平日にも拘わらず登山者が沢山訪れていたのには驚いた。

群生してます

名古屋から来た夫婦は、我々が下山に使ってみようと考えていた尾根から登って来たそうで、尾根の概略を教えて頂き大いに参考にさせて頂きました、感謝。

 トンネルか出来る以前には林業用林道がかなり上まで作られていた様で、放置された四輪トラックが尾根上に残されたままになっていた。更に降った尾根上にも巨木と呼んでも良いような3本の木が一つに絡まった姿にも驚かされた。
 道は良く手入れされ迷うような所もなく時間も掛からず降れた。この花だけを目指すので在れば最短で往復出来るルートです。
 帰りは、ジキタリスの花も道路脇に見つけましたが、ガレガレの急斜面のため滑り落ちないように注意しながら撮影。

ジキタリス

 林道を東へ下り上北山村の伯母の峰トンネルを経て、入之波温泉で入浴し、渋滞もなく午後8時過ぎに戻ってきました。
 奥駈道の縦走路にほんの狭い範囲にしか生育していないのが不思議ですね。
 派手さはありませんが、真っ白の綺麗な花には癒されました。
  1. 2014/06/22(日) 11:17:20|
  2. 登山
  3. | コメント:0

久しぶりの氷ノ山大段ヶ平コースで

平日山行で大屋の横行渓谷から大段ヶ平まで車で上がり、大段尾根を登り氷ノ山を目指しました。平日といえども人気の氷ノ山、多くの登山者が訪れていました。このコースは、20年くらい前に子供を連れて家族で登ったルートです。


氷ノ山に登るコースは沢山ありますが、このコースは一番なだらかなで小さな子供でも登れるコースです。変わったことと云えば、横行渓谷沿いの林道が全て舗装され、途中にも親切な案内板が数カ所設置されていてまるで観光コースになっていたことです。山毛欅の紅葉の時期はお勧めのルートです。
IMGP6956_s.jpg

大段ヶ平が既に1100m、頂上まで標高差400mをゆっくりと登れるルートで迷うような所も無いので初心者にもお勧めのコースです。今日も鈴竹の筍(通称すずこ)を採りながら登りました。
久しぶりに雪のない氷ノ山、地形図に記載されている大段ヶ平避難小屋付近から二の丸のコルまでのトラバースルートを探索する目的でしたが、2mを越える鈴竹に阻まれ薮の中に消えてしまった様です。
mitarasi_s.jpg
頂上すぐ下の流れ尾に在る「みたらし池」も見に行きましたが、途中から笹藪でルートも解らなくなっていました。

IMGP6957s.jpg
帰りに戸倉峠まで林道を走りましたが、沢山の方がすずこ採りに来ていました。立ち寄った「やまめ茶屋」も廃屋寸前の姿に、時の移り変わりを目の当たりにして己を重ね少し寂しさを感じた一日でした。
  1. 2014/06/03(火) 10:45:48|
  2. 登山
  3. | コメント:0

播州峠~方須張山・葛野峠

越前姥ケ岳山行を26日に延期したので、予定外の山行を急遽実行しました。
昨年末の22日に清住から方須張山を経て船坂峠まで雪の中を縦走したが頂上を素通りしてしまったので、もう一度登ろうと出かけました。
加美町最奥の播州峠から播丹界を前回縦走した尾根まで登り、方須張山へ歩きました。
fc2blog_20140521211358c82.jpg
       写真:播州峠

植林の尾根は展望もなく、樹木の間から時々周りの山が見えるが山座同定も出来ない。途中には新設された四等三角点が二ヶ所(郷附上695.30m・親父畔上662.13m)あるだけで方須張山に到着した。

fc2blog_20140521212551725.jpg

ここも展望はなく食事を済ませ北の葛野峠へ急な斜面を降る。この葛野峠は、清住からカヤマチ山に登ったときに通った峠で大柿プレートが掛っているだけ、大名草側への道は消えかかっていた。

fc2blog_20140521213534005.jpg
    写真:葛野峠の大柿プレート

植林帯の中を青いビニールテープ頼りに斜面のトラバースを続けると、下へ続く尾根に乗ることができた。

この尾根を降って行くと立派な林道へ降り立ち、辺り一面伐採された沢沿いに降る。
fc2blog_20140521214356609.jpg

沢沿いの斜面には、山椒に良く似た樹木に、鮮やかな黄色の花を沢山付け広い範囲に見られた。

fc2blog_201405212148411b8.jpg

播州トンネル北の国道に出て、旧峠道を歩いて峠越えで車へ戻り、近くの道の駅に寄り道して帰ってきました。



続きを読む
  1. 2014/05/21(水) 21:53:56|
  2. 登山
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

薮山雲水

Author:薮山雲水
薮山雲水のFC2ブログへようこそ!

還暦も遠の昔に過ぎ去り、体力の衰えに無駄な抵抗を試みながら、それにも懲りずに山へ登っています。
いつまでアルパインを続けて行けるか分かりませんが、これからもどうぞ宜しくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
登山 (24)
パソコン (0)
小さな旅 (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR